イニオ 副作用

イニオの副作用について

口臭サプリイニオに副作用とかってあるの?納豆アレルギーや胃腸の弱い人

 

基本的に口臭サプリメントには副作用というのはありません。

 

そもそもサプリメントというものが、基本的に副作用はないです。多く「栄養を補助する食品」であり、薬ではないですからね。

 

ただし、食べ物や各成分との相性は人それぞれです。食品アレルギーなどをふくめ、相性が悪いために、お腹をくだしてしまったり、具合が悪くなったりすることはあります。

 

 

納豆アレルギー

 

全成分:ポリグルタミン酸(大豆を含む)、コーヒー生豆抽出物・ゴボウパウダー混合粉末、ラクトバチルス・ロイテリ菌末、ナタマメ茶末、ゲッケイジュ葉エキス末、シャンピニオンエキス末/ソルビトール、結晶セルロース、香料、ステアリン酸Ca、微粒二酸化ケイ素、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)、ラクトフェリン(乳由来)

 

イニオの全成分を改めて確認してみると、大豆という文字が見えますね。

 

気になるのは大豆アレルギーですが、大豆アレルギーの方でも、納豆は大丈夫という方がほとんどだそうです。

 

とはいえ、稀に限定的な、納豆に対するアレルギーを持っている方もいるそうです。しかもポリグルタミン酸に反応するとのこと。

 

ポリグルタミン酸アレルギーが怖いのは、配合されているのがなにも納豆だけに限らないという点です。食品のうまみ成分としてや、保湿剤としてなど、ポリグルタミン酸の用途は多岐に渡りますからね。

 

ひとまずしっかりとポリグルタミン酸と表示がされてあるので、イニオはそこのところは安心とは言えますね。

 

納豆(ポリグルタミン酸)アレルギーは、アナフィラキシーも出てしまうようですから、該当する方は注意してください。

アナフィラキシーとは、皮膚粘膜症状(痒みやじんましん、目・唇の腫れ)や、息苦しさ、腹痛・嘔吐などの胃腸症状、くらくらする(血圧低下)などの症状のこと。

 

ちなみに、ポリグルタミン酸アレルギーの方は、サーファーの方に多いそうです。これにはクラゲに刺されることが影響しているとか。

 

胃腸の弱い人

口臭サプリイニオに副作用とかってあるの?納豆アレルギーや胃腸の弱い人

 

私もそうですが、胃腸の弱い人は、ゴボウなどの繊維質やコーヒーなどに敏感です。

 

ゴボウ、コーヒー、そして二つのポリフェノールを酵素により高めたデオアタックは、優れた消臭成分なので、口臭サプリメントにはよく配合されています。イニオにも配合されていますが、人気のサプリメントにはよく配合されていますね。
(⇒デオアタックの成分効果について

 

各成分がどれほどの量を配合しているのか、数値を記載する義務は、メーカーにありません。ただし薬事法により、全成分を記載する義務はあり、左上から多い順に成分は記載しなければなりません。

 

イニオなら、ポリグルタミン酸が1番多く、2番目にデオアタック、3番目にロイテリ菌となっていますね。

 

胃腸の弱い私の例を出すと、デオアタックがやや多めに配合されているイニオでは胃腸は大丈夫でした。ほかの口臭サプリでも同様です。

 

過去ではイージーファイバーで調子が悪くなったことがあります。ゴボウやコーヒーの、口臭サプリの配合量くらいでは、それほど気にするレベルではないのでしょうね。

 

とはいえ、絶対ではないです。心配な方は注意しておきましょう。少なくとも、1日2粒以上の摂取はしないことが無難でしょう。

 

乳酸菌に弱い人

口臭サプリイニオに副作用とかってあるの?納豆アレルギーや胃腸の弱い人

 

これも胃腸の弱い人に共通しますね。

 

私もまた、それほどヨーグルトに強くない方で、若い頃には美味しいあまり二皿分食べてお腹が緩くなっていたのがしょっちゅうでした。

 

口臭サプリメントにも、整腸作用により善玉菌を増やして悪臭の原因を絶とう!ということで、乳酸菌はよく配合されています。

 

ゴボウやコーヒーと同様に、口臭サプリメントでは私はお腹を緩くされた覚えはありませんので、あまり気にするレベルではないのでしょう。

 

これも人によるかと思いますので、過剰な摂取は禁物、ということは覚えておいてください。

page top